外反母趾は靴を変えるだけで改善できる│歩行問題解決隊

パンプス

フィッティングをする

チェックの方法を知る

フット

外反母趾の予防や改善する為にも、靴を選ぶ時には、正しくフィッティングをする必要があります。通販で購入するにしても、店舗で購入するにしても外反母趾を防ぐ為には正しいフィッティングの方法を理解していなければいけません。フィッティングをする時は、靴を履いた時にかかとから合わせることがポイントです。その後つま先に1センチほどの余裕があるかどうか確認しておくのが良いでしょう。何センチ位余裕があるかわからないという時には、足の指を動かしてみて、自由に動けば大丈夫です。基本的に、幅はぴったり目のタイプを選ぶのが肝心です。幅がきつすぎてもゆるすぎても外反母趾を招く原因になってしまうので、痛みが無い程度に足の先端からかかとにかけての幅がピッタリしている靴を選ぶと良いでしょう。靴を履いた後には、しばらく歩きまわってみるのが良いと言われています。数分間歩いて試すのが良いとされていますが、時間が無い場合は屈伸や少し歩いてみて痛みが無いか確認する程度でも大丈夫でしょう。

夕方に試履きするのがポイント

靴のフィッティングをするときには、朝試すよりも夕方に行なう方が良いと言われています。基本的に、人間の足は朝起きた時から夕方にかけて次第にむくんでいくものです。朝履いていた靴やパンプスが、夕方になるときつくなっていることがあるのはその為です。外反母趾や足のトラブルを抱えている人は特に、足がむくんでいる夕方にフィッティングをするのが良いでしょう。そうすることによって、フィッティングをした時にはピッタリだったのに実際に履いてみるときつかったという現象を未然に防ぐことが可能です。