建設現場に欠かせない施工管理【採用されるための工夫】

建設現場に欠かせない施工管理【採用されるための工夫】

ヘルメットを持つ人

施工管理について知ろう

施工管理の仕事に就くためには、施工管理技士の国家資格を取得していなければなりません。施工管理の仕事内容は、建設現場等で指揮をとることがメインとなります。現場にいる職人たちの安全を管理したり、工事の進捗や品質などもチェックし、指導していきます。事務作業が出てくることもありますが、ほとんど工事現場での仕事となるので、職人や現場スタッフとのやり取りが重要となってきます。

男性たち

活躍している女性も多い

近年、建設現場に限らず様々な職種で女性の活躍が目立っています。製造業に従事する女性も増え、京都では求人も多く出ています。特に施工管理の仕事は、現場でのコミュニケーション能力が必要となってくるため、場を和ませたり、スタッフとの間に入ってやり取りすることが得意な女性にもぴったりな仕事だと言えます。男性が多い職業ですが、女性ならではの気遣いや丁寧な作業が強みとなることが多いのです。

女性

転職もしやすい

施工管理の仕事に就きたい、しばらく別の職種に就いていたけどもう一度挑戦したいという方は、専門の求人サイトを利用してみましょう。利用すると、スムーズに転職できるように研修が受けられたり、自分に合う転職先を紹介してもらうこともできます。自分だけで求人を探したり、転職活動をするのは難しい部分が出てくるので、専門サイトを頼ると良いでしょう。

求人サイトを利用した転職活動を比較

一般の求人サイト

一般の求人サイトですと、幅広い職種の中から求人情報を探すことができます。気になる職種がいくつかあるという方は、一般の求人サイトを利用すると良いでしょう。

専門の求人サイト

施工管理や製造業など、就きたい職種が決まっている方は専門の求人サイトの利用がおすすめです。一般の求人サイトに比べて求人情報も多く、採用が決まってからも研修制度が利用できるなど、サポート体制が整っているところが多いです。

広告募集中