外反母趾は靴を変えるだけで改善できる│歩行問題解決隊

パンプス

症状や原因から知る

サイズが合っていない事が原因

脚

つま先の狭いパンプスやサイズの合っていない靴を履いているからといって、全ての人が外反母趾になるわけではありませんが、ほとんどの場合は自分の足のサイズに合っていない靴を履いていることが原因となっています。サイズの合っていない靴を履いている人の中でも、特に足裏の筋肉が弱っている人が発生しやすいトラブルと言われているので、裸足で動き回ることが少ない人や運動不足の人などは注意が必要でしょう。母趾の付け根が小趾側に曲がるのが外反母趾ですが、それとは逆で小趾が内側に変形する「内反小趾」と呼ばれる症状もあります。どちらにおいてもサイズの合っていない靴を履いていることが主な原因となっているので、外反母趾などのトラブルを招かない為にも靴を選ぶ時には自分の足のサイズに合ったものをじっくり探して見つけ出すことが大切です。

今あるシューズに利用する

靴を購入するときには、多くの人がフィッティングをして購入しますが、自分の足の形にピッタリとフィットする靴を探すのは非常に難しいと言われています。その為、自分の足の形により近いサイズ感の靴を購入した後には、インソールなどを上手く活用しながら靴を選ぶのがポイントでしょう。最近では足のアーチ部分もサポートしてくれるインソールや、歩行をサポートする靴のパッドなども誕生しているので、自分が持っている靴のインソールを自分の足に合わせることも可能になっています。靴の専門店などにはインソールなども多く販売されていますが、外反母趾気味の人は、できるだけ足の健康を意識した靴を販売している靴の専門店でインソールを購入するのがポイントです。